EDの改善

性行為をするために必要な勃起ができない場合や、勃起の維持(中折れ)ができないため性行為ができない状態です。
最近ではED(Erectile Dysfunction)と言います。
EDとは「勃起機能の低下」を意味します。
勃起機能の低下は、年齢からくることが多く40代と50代がEDの半数を占めています。
次に多いのが30代です。
原因としては仕事のストレス・家庭のストレスが多いと言われています。
一般的に40代、50代になると仕事では役職など大事なポジションに就く年齢です。
役職に就けば、いままで感じなかったストレスも出てきます。
自宅に帰れば、年頃の子供たちが反抗期で言う事を聞かない。
奥さんには夜の営みを断れる。
すべてストレスになります。
勃起不全・勃起障害の天敵の一つがストレスです。
他にも運動不足・喫煙・生活習慣病などがあります。
運動をしないことで血流が悪くなります。
タバコを吸えば更に血流が悪くなります。
血流が悪くなることでペニスの海綿体に十分な血液が流れ込まないことでEDの症状が起こります。
海綿体に血液が溜まらないと勃起できません。
ここでED治療薬の出番です。
ED治療薬の効果は血管を拡張させる効果です。
血管が広がることでペニスの海綿体に十分な血液を送ります。
十分な血液が溜まると勃起します。
ED治療薬は勃起を促してくれる薬です。
ですので、ED治療薬を服用したからといって、常に勃起しているわけではありません。
性的興奮や性的刺激を受けることで勃起をします。
服用しても何もしなければ勃起しません。
性欲や精力が上がることもありません。
勃起不全・勃起障害は改善できます。
EDにオススメな運動は『スクワット』です。
スクワットをすることで下半身の血流が良くなるからです。
生活習慣病は高血圧・糖尿病・肥満などです。
放っておくと動脈硬化になる可能性があります。
糖尿病・肥満はED治療薬が効きづらくなるので生活習慣病の予防をしてください。
日本で認証されているED治療薬は3種類です。
世界で一番知名度の高いバイアグラ・即効性が高く人気のあるレビトラ・持続時間が36時間のシアリスの3種類です。
どれが一番効くのかは相性や個人差があるで一概にどれとは言えません。
レビトラは効果があったがバイアグラでは勃起しなかったなどもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です