レビトラ

レビトラはラテン語で「男の生命」と言う意味です。
パッケージに書かれている『火』のマークはマッチで火を着けるとき、こすればすぐに火が着くという意味です。
レビトラを服用すれば、すぐに効くということです。
レビトラはバイアグラの次に開発され発売されたED治療薬です。。
ドイツの大手製薬会社バイエルがバイアグラを改善したED治療薬とも言えます。
バイアグラは青いひし形の少し大きめな錠剤ですが、レビトラは丸形でオレンジ色で錠剤を小さく改良されています。

日本では2004年6月に認可され販売されました。
当初は5mgと10mgのみの認可を受けました。
2007年7月に20mgも認可を受けます。
5mgですが、ほとんどの病院・ED専門クリニックでも扱っているところは少ないです。

レビトラはバイアグラと比べると、即効性があり、食事の影響を受けにくい、副作用が少ないことで人気があります。
レビトラの有効成分バルデナフィルは、水に溶けやすい性質ですので効果が早く出る特徴があります。
空腹時の服用であれば15~20分で効果が表れます。
食事は個人差があり効果の効き目も変わってきます。
目安としましては、700キロカロリーと言われています。
満腹時は30分以上空けて服用してください。
脂っこい食事をするとレビトラの吸収率が悪くなるので1時間以上空けてから服用してください。
レビトラは服用後、45分~1時間が一番ピークな時間帯です。
もちろん有効時間内であれば性的興奮や刺激を受けることで何度も勃起を促してくれます。

持続時間はレビトラ10mgで約5時間 20mgで約8時間となっています。
レビトラの10mgはバイアグラの50mgと同じぐらいの効果と言われています。
身体の小さい人はレビトラ10mgで十分な効果があります。
正しい服用方法で10mgで効果が得られない場合は、20mgにすることで効果が得られるます。
しかし、10mgで十分効果があるのに、20mgの方が持続時間が長いからといって20mgにすることで副作用が出てしまう可能性があります。
初めてED治療薬を使うのであれば、最初は10mgから試すことをおすすめします。

副作用はバイアグラとほとんど同じです。
服用後に顔のほてりや目の充血が起きたら効果の効き始めです。
全ての人に出るわけではありません。
他のED治療薬で効果がなかった方にも効果が出る可能性が高いです。
また高血圧・糖尿病・男性更年期障害(老化)などのEDにも効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です